グリーン住宅P、申請累計が10万戸超え

国土交通省は17日、「グリーン住宅ポイント制度」の

8月末時点での実施状況を公表した。

 

同月のポイントの申請受付状況は、新築が2万3,126戸

(累計6万2,010戸)、既存が131戸(同403戸)、リフ

ォームが1万2,148戸(同3万8,315戸)、賃貸が1,665戸

(同3,276戸)で、合計が3万7,070戸(同10万4,004戸)。

 

審査の結果、発行した戸数とポイントは、新築が2万

160戸・78億530万ポイント(同4万3,096戸・167億

9,950万ポイント)、既存が83戸・2,490万ポイント

(同186戸・5,550万ポイント)、リフォームは8,492

戸・8億5,759万2,000ポイント(同1万7,451戸・17億

1,920万8,000ポイント)、賃貸が493戸・4,930万ポ

イント(同682戸・6,820万ポイント)。合計で2万

9,228戸・87億3,709万2,000ポイント(同6万1,415戸・

186億4,240万8,000ポイント)となった。

2021年9月17日10:09 PM

新築小規模木造戸建て価格、首都圏は安定推移

東京カンテイは9日、2021年8月の主要都市圏別・

新築小規模木造一戸建て住宅平均価格動向を発表した。

敷地面積50㎡以上100㎡未満、最寄り駅からの

所要時間徒歩30分以内もしくはバス20分以内、

木造で土地・建物ともに所有権の物件が対象。

 

首都圏の平均価格は4,548万円(前月比0.2%下落)

と反転下落した。都県別では、

東京都は5,475万円(同0.1%下落)4ヵ月ぶりに下落。

神奈川県は4,139万円(同2.5%上昇)4ヵ月ぶりに

上昇した。

千葉県も3,701万円(同0.9%上昇)と反転上昇。

埼玉県も3,792万円(同0.8%上昇)と2ヵ月連続で

上昇した。

小規模戸建ての価格は、東京都で生じたわずかな

下落の影響が出たものの、依然安定推移が続いている。

2021年9月14日8:08 PM

新築木造戸建て価格、3ヵ月ぶりに下落

東京カンテイは9日、2021年8月の主要都市圏別・新築木造

一戸建て住宅平均価格動向を発表した。敷地面積100~300

㎡未満、最寄り駅からの所要時間徒歩30分以内もしくはバス

20分以内、木造で土地・建物ともに所有権の物件が対象。

 

首都圏の平均価格は3,849万円(前期比0.2%下落)と、3ヵ

月ぶりに反転下落した。都県別では、東京都が4,581万円

(同2.8%下落)、神奈川県が4,097万円(同0.6%下落)と、

いずれも3ヵ月ぶりに反転下落。千葉県も3,342万円(同1.8

%下落)と、4ヵ月ぶりに反転下落となった。埼玉県は

3,484万円(同3.3%上昇)と反転上昇した。首都圏では新

型コロナウイルスによる緊急事態宣言が継続しているが、

価格はわずかな下落にとどまった。新規分譲戸数も前月よ

り減少したが、例年8月の減少と大差はなく、コロナ禍の

影響は小さかった。

2021年9月12日10:22 PM

住宅着工戸数、7ヵ月連続の増加

東京都は6日、2021年7月の住宅着工統計を発表した。

同月の新設住宅着工戸数は1万1,558戸(前年同月比

5.9%増)と7ヵ月連続の増加となった。

 

利用関係別では、持家が1,476戸(同3.4%増)で8ヵ

月連続の増加。貸家は5,469戸(同4.4%減)で2ヵ月

連続の減少となった。分譲住宅は4,599戸(同22.7%

増)で2ヵ月ぶりの増加。うちマンションは3,118戸

(同42.8%増)で5ヵ月連続の増加、一戸建ては

1,451戸(同4.0%減)で13ヵ月連続の減少となった。

 

地域別では、都心3区が279戸(同38.0%減)で、3

ヵ月ぶりの減少。都心10区が2,617戸(同11.1%減)

で4ヵ月ぶりの減少。区部全体では9,599戸(同9.1%

増)で6ヵ月連続の増加。市部は1,937戸(同7.1%減)

と2ヵ月連続の減少となった。

2021年9月10日3:20 PM

TDB景気動向指数、不動産は3ヵ月ぶりに悪化

帝国データバンク(TDB)は3日、2021年8月の「TDB

景気動向調査」の結果を発表した。

 

同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分

かれ目)は39.2(前月比1.5ポイント減)と、3ヵ月ぶり

に悪化した。国内景気は、新型コロナウイルスの感染者

数急増に記録的大雨の影響も加わり、一時的な足踏み

状態となった。今後は緊急事態宣言等で一時停滞する

ものの、緩やかな回復が続くと見ている。

 

業界別では、10業界中、「その他」を除く9業界で悪化。

緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の影響や、各地

で悪天候が続いたことで、特に個人消費関連の業種が

大きく落ち込んだ。

 

「不動産」は39.4(同2.4ポイント減)と3ヵ月ぶりに

悪化。各社からは「住宅ニーズが高い」(建物売買)、

「在宅勤務の影響で、不動産価格が高騰している都内

で購入せず、手頃感のある郊外で居住用不動産を購入

している」(不動産代理・仲介)などの前向きなコメ

ントがあった一方で、「賃料減額の要請が複数あり、

ネガティブな話が多い」(不動産管理)、「テナント

などの需要が減っている」(貸し家)などの声もあっ

た。「建設」も42.5(同0.2ポイント減)とわずかな

がら悪化した。

2021年9月7日10:54 PM

フラット35金利、9月は前月と同水準に

住宅金融支援機構は1日、取扱金融機関が提供する

「フラット35」(買取型)の9月の適用金利を発表した。

 

借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は

年1.280%(前月と変わらず)~年2.080%(同)。

取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)

は、年1.280%(同)と、前月と同水準となった。

 

借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、

年1.150%(同)~年1.950%(同)。

最頻金利は年1.150%(同)

こちらも前月と同水準での推移となった。

また、フラット50(買取型)の金利は、

融資率9割以下の場合年1.800%~2.270%、

9割超の場合年2.060%~2.530%。

2021年9月3日10:13 AM

新設住宅着工、5ヵ月連続で増加

国土交通省は31日、2021年7月分の建築着工統計を

公表した。

 

新設住宅着工戸数は7万7,182戸(前年同月比9.9%増)

と、5ヵ月連続の増加となった。新設住宅着工床面積は

635万2,000㎡(同13.1%増)と、4ヵ月連続の増加。

季節調整済年率換算値は92万6,000戸(前月比6.9%増)

と、3ヵ月ぶりに増加した。

 

利用関係別では、持家が2万6,071戸(前年同月比14.8%

増)と、9ヵ月連続の増加。貸家は2万9,230戸(同5.5%

増)と、5ヵ月連続の増加となった。

 

分譲住宅は2万1,480戸(同11.0%増)と、

先月の減少から再び増加。うち、

マンションは9,117戸(同9.2%増)

一戸建住宅は1万2,242戸(同13.1%増)。

 

三大都市圏では、首都圏が総数2万4,744戸(同3.5%増)

内訳は

持家5,452戸(同12.5%増)

貸家1万260戸(同1.9%減)

分譲8,973戸(同5.3%増)。

中部圏は総数9,763戸(同13.4%増)で、

持家3,906戸(同13.6%増)

貸家3,144戸(同16.7%増)

分譲2,675戸(同13.3%増)。

近畿圏は総数1万3,184戸(同11.9%増)で、

持家3,104戸(同10.6%増)

貸家5,580戸(同10.1%増)

分譲4,431戸(同14.3%増)

となった。

2021年9月2日10:07 AM