新着情報&スタッフブログ

首都圏既存マンション、4~6月の成約が過去最多

東日本不動産流通機構は19日、2021年4~6月期の首都圏

不動産流通市場動向を発表した。

 

当期の首都圏中古(既存)マンション成約数は9,987件

(前年同期比55.4%増)。4四半期連続で前年同期を上回

り、1990年5月の機構発足以降、4~6月期としては過去最

多となった。地域別では、東京都5,041件(同52.3%増)、

埼玉県1,210件(同54.3%増)、千葉県1,227件(同55.3%

増)、神奈川県2,509件(同62.4%増)。1回目の緊急事態

宣言が発令されており、市場全体が停滞していた。今回は

その反動もあり、すべての都県で大幅な増加を記録した。

 

1㎡当たりの平均成約単価は59万400円(同12.5%上昇)。

4四半期連続の上昇となり、当期は2ケタの大幅上昇となっ

た。平均成約価格は3,837万円(同13.2%上昇)となり、

35四半期連続の上昇。新規登録件数は3万9,591件(同12.1%

減)となり、7四半期連続で減少した。

 

既存戸建ての成約件数は4,086件(同57.0%増)と、こちら

も4四半期連続上昇で同期としては機構発足以来の最多とな

った。平均成約価格は3,393万円(同19.8%上昇)と、約2割

上昇し、4四半期連続で上昇した。

2021年7月19日7:44 PM